CDプレスをネットで注文すれば、プレス会社に出向く事もなく簡単に制作の依頼が出来るため人気があります。プレス会社も会社に受付を設ける事なくメールのやり取りがメインになるため、双方にメリットのある方法と言えます。そんなCDプレスには国内生産と海外生産があります。海外生産のCDは、価格が安い変わりに配送等に時間がかかる関係上納期が長くなってしまいます。一方、国内生産の場合には、配送が早いのがメリットですが製作費が少々高い所が多いです。ですので早い方が良いか、納期に時間がかかっても安い方が良いか、と好みで選ぶ事が出来ます。また、枚数を多く注文すればする程に一枚当たりの単価は安くなります。100枚の注文と10000枚の注文では価格にかなりの差が出ます。制作会社は多くありますので、注文前に各社の価格表を見て比較、検討すると良いでしょう。

夢をもう一度、CDプレスの可能性

以前、某大物歌手が言っていました。良くレコードは音が良いとか風情があるとか言うけど、断然CDの方が良いに決まってます。ノイズも無く、スピーカーやデッキは種類が豊富でレコードのように針の心配も要らない。それに音がとても綺麗なんだ、と言う話でした。確かにレコードはレコードで素晴らしい所もたくさんありますが、やはり技術の進歩もあり、音楽を聴くと言うだけならCDの方が良いですよね。最近はインターネットの普及もありCDの売れ行きは陰り、CDショップもあまり見なくなって来ました。けど、インターネットの普及により自己制作としてCDを簡単に作れる時代にもなりました。数枚程度なら自分で作れますが、数百、数千となってくるとなかなか自分では作れません。インターネットで注文しCDプレスする業者に安価で作ってもらう。曲を作って友達に配る、会社の理念を吹き込んで従業員に配る、創作落語を吹き込んでネットで売り出すなど。安価でCDプレス出来る事により諦めていた夢がまた、戻ってくるかもしれませんね。

CDプレスをお考えの方へ。

インディーズシーンで活躍するミュージシャンにとってCDプレスとは非常に大切なことです。インディーズシーンというのは恐らくほとんどの方がセルフプロデュースをなさってることでしょう。私もその一人です。CDを作りたいと思った時曲を書きレコーディングを行います。ここで満足する方もいらっしゃいますが、この完成した音源を沢山の人に届けたいと願います。ライブ会場での手売りにしてもCDプレスしたものと自分のパソコンで焼いたものではお客様の捉え方が変わります。一言でCDプレスと言っても国内プレスや海外プレスでもかなり値段の差があります。もちろん海外プレスでは納期は伸びますがその分安価でこちらの要望通りに仕上げて頂けます。国内プレスと何ら支障なく安価で完成出来るなら海外プレスという手段を取った方がいいです。その分納期は伸びるので半年以上先の予定まで組んで活動することが特に大事になってきます。

追加料金無しで安心して納期調整承ります。 注文履歴はもちろんのこと、ご支給いただいたマスター/データは無料にて保管致します。 こだわりのマスタリングからプレスで納得の仕上がり! 年3回、国内プレス大幅値引きキャンペーンを実施。最大55%引きのパック料金などの目玉商品もあります! DVD雑誌添付用不織布は税込¥28,296?より 遠方の方は無料でサンプル発送、品質確認後に安心発注。 CDプレスのご依頼はプラチナ・ディスクへ