CDプレスはネット業者を利用する

CDプレスを利用する方は多いですが、どこに依頼すれば良いか判断に困ります。例えば、仕事で重要なドキュメント一覧を多くの関連企業に配る時、一枚一枚個人でコピーしていれば、時間も手間もかかり効率的ではありません。また、音楽関係の方は関係者に配る時マスターテープからCDにコピーしますが、大量にコピーする必要があるので、とても大変です。そんな時にはインターネットの業者を利用します。インターネットの業者は人件費を削減しているので、とても格安で仕上がりもとても早くできあがります。また、CDプレスのインターネット業者の口コミも載っているので、どの業者が優良かも判断することができます。最近ではケースのデザインやCD自体のデザインや加工も行ってくれるため、市販のCDと同様の造りになっています。多くのCDが必要な場合はCDプレスのインターネット業者を探して下さい。

CDプレス会社に頼んでCDを作りましょう

音楽が大好きで、バンドをしていたり、ソロで活動している方は、ある程度年数を重ね、自信がついてきたら、CDを作って販売してみることも視野に入れると良いです。CDは、CDプレス専門の会社に頼めば作ってもらえます。自分たちのCDを作ることができれば、その音をいろんな人に聴いてもらえるチャンスが広がります。またそのCDを販売することができれば、そのCDの収益から、音楽活動をもっと広げることができます。CDを作るには、作る量が多ければ多いほど安くなります。しかし、本格的なCDを作るにはすこしまだ自信がないという場合は、試しに少しの量だけ作ってみて、様子をみるというのも良いです。CDジャケットのデザインは売上にも大きく影響します。もし大々的に販売するのなら、デザインにもこだわりましょう。活躍の幅が広がります。

今時のCDプレス作業について

CDプレスと言えば、バンドや自作で音楽を手掛ける方なら一度は聞いたことのあるキーワードだと思われますが、この作業をするにあたって従来だと業者さんにデザインや枚数を発注して後日出来上がったものが送られてくるという流れでした。驚くはその費用がかなり高く、とても個人レベルでお願いできるものではありませんでした。しかし今はパソコンが自宅に一台は最低あって当たり前の時代です。CDへのプレス、ジャッケット製作、全てPCとプリンタがあれば自分で作れてしまいます。業者に出せばその費用は5~6万円は最低しますが、自分で作ってしまえば手間は多少かかるけど、CD-R代、紙代、ケース代で5000円もせず作成することができます。プレスやジャケット作成ソフトはピンキリで、無料のものから有料のものまで色々ありますが、そこは無料のものでも十分かと感じますので自身で良いフリーソフトを探してみましょう。自分で作成したものにを手にした人が喜んでくれたりすると案外嬉しいです。