大量に作るならばCDプレスがお得です

十枚ほどならば自分でCDを焼いて作ったほうが良いのですが、500枚など大量に作らなければならないときに、CDプレスを依頼してやってもらうほうがコストも抑えられるだけでなく、時間も大幅に短縮できます。しかも、業者に依頼をするとパッケージまで制作することができすぐに配布あるいは販売をすることができます。そして、業者によっては料金は違いますが、バルクというパッケージなしで1000枚を依頼すると15000円ほどで作ることも可能です。そして、パッケージとしてケースやジャケットをつけると1000枚当たり60000円ほどになります。そして、初めはマスターを作ったりしなければならないので料金は高めになっていますが、次回からはそのマスターによって短時間で作成できるため、料金を抑えることができます。そのため、大量に作りたいときには依頼をしたほうがお得になります。

CDプレスの需要について

久しくミリオンセラーアルバムが出ていませんが、音楽というものは私たちの生活に潤いを与えてくれます。お気に入りのCDを聴きながらドライブするだけで、日頃のストレスが吹き飛んでしまいます。CD製作はプロの特権のようですが、誰でも気軽に製作することが出来ます。CDプレスを専門に扱う業者は増えていますし、インターネット上では格安で依頼することが出来ます。用途としては、学生のサークル活動や卒業記念がメインのようです。CDの音源は、年数が経過しても衰えることがありません。素敵な瞬間の共有方法として、ますます注目されています。高齢者においては、趣味が高じてCDを作るケースが増えています。友人知人に配ると喜ばれますし、歌唱レベルの向上にも一役買っているようです。値段が安くなっているので、誰でも簡単にCDプレスを依頼出来る時代です。

CDプレスとCDコピーの違い

結果を先に行ってしまえば、記録方法が違います。CDコピーは、一般に売ってる、CD-R、CD-RWにデータを書き込みます。やられた経験のある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。軽くて早くて便利ですよね。一方、CDプレスは専用のディスクにCDを量産する際に必要なハンコのような役割を持つものを作成し、データを書き込むのではなく、そのハンコでプレスします。料金については、一般にCDプレスはCDコピーより高いです。その理由は「スタンパー代」が高いためです。スタンパーを作る工程に高度な設備と技術が必要ですが一度作ってしまえば何度も同じ品質の製品を作ることが可能です。プレスで作ったCDは質がいいです。長期保存もききます。しかし、CDコピーは長期保存がききません。そのため、CDショップなどではCDプレスの方を当然利用します。